ふすまで仕切られた部屋

    ふすまや畳の貼替えについて

    日本独特の家屋に和室にはインタリアとして畳やふすまがあります。このふすまや畳ですが、長年同じ家に住んでいると経...

    Readmore
    緑の柄のふすま

    洋風化住宅が増えてきた

    近頃は日本の住宅も洋風化が進み伝統的な日本建築の建物を新築する家庭はずいぶん減ってきたように思われます。しかし...

    Readmore
    畳の部屋

    プロの手で美しく貼替えられます

    ふすまと畳の貼替えというものはついつい先延ばしにしがちになるものです。それは材質によって貼替えの目安が異なって...

    Readmore
オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
畳の部屋

ふすまと畳の貼替えというものはついつい先延ばしにしがちになるものです。それは材質によって貼替えの目安が異なっていたり、設置されている場所によって変化してくるものだからです。例えば、再生紙を利用した新鳥の子の貼替え目安は、2~3年が良いとされています。他にも鳥の子中級織物は種類が豊富で手ごろな値段と風合いが魅力で、貼替え目安は3~5年だったり、本鳥の子上織物は上質で紙質が強く、8~10年もち、経年に… 続きを読む

畳のへり

日本独自の建材であり、長い歴史を持つものに「ふすま」があります。ふすまは部屋を仕切るという目的だけでなく、室内の湿度を調整する機能があるもので、日焼けや破れなどがある場合には、貼替えする必要があります。その場合の目安として言われているのが5年程度、ふすま紙はシンプルなものから古典的な柄のものなど様々なタイプが用意されており、好みに応じて選択することが出来ます。… 続きを読む